マーモセット研究部

分子発生学研究室

これまでに、この技術を応用して、アルツハイマーやパーキンソン病の原因となる遺伝子をウイルスベクター法によりマーモセットの受精卵に導入し、ヒトの疾患モデルとなるマーモセットの作出を行ってきました。現在、これらのモデル動物の解析を行なっている所です。この遺伝子改変マーモセット作製技術は、国内のみならず世界各国から技術導入の希望があります。分子発生学研究室は、この技術が国内外の多くの研究者が使用できるように技術の普及を行なっています。

※代表的な研究論文
  1. Generating induced pluripotent stem cells from common marmoset (Callithrix jacchus) fetal liver cells using defined factors, including Lin28.
    Tomioka I, Maeda T, Shimada H, Kawai K, Okada Y, Igarashi H, Oiwa R, Iwasaki T, Aoki M, Kimura T, Shiozawa S, Shinohara H, Suemizu H, Sasaki E, Okano H.
    Genes Cells. 2010 Sep 1;15(9):959-69.
  2. Generation of transgenic non-human primates with germline transmission.
    Sasaki E, Suemizu H, Shimada A, Hanazawa K, Oiwa R, Kamioka M, Tomioka I, Sotomaru Y, Hirakawa R, Eto T, Shiozawa S, Maeda T, Ito M, Ito R, Kito C, Yagihashi C, Kawai K, Miyoshi H, Tanioka Y, Tamaoki N, Habu S, Okano H, Nomura T.
    Nature. 2009 May 28;459(7246):523-7.
  3. Establishment of novel embryonic stem cell lines derived from the common marmoset (Callithrix jacchus).
    Sasaki E, Hanazawa K, Kurita R, Akatsuka A, Yoshizaki T, Ishii H, Tanioka Y, Ohnishi Y, Suemizu H, Sugawara A, Tamaoki N, Izawa K, Nakazaki Y, Hamada H, Suemori H, Asano S, Nakatsuji N, Okano H, Tani K.
    Stem Cells. 2005 Oct;23(9):1304-13.

PAGE TOP

Copyright © Central Institute for Experimental Animals