世界の医薬・医療技術向上と
人々の健康と福祉向上にむけて

我々はマウスやラットの生殖工学技術を用い、体外受精-胚移植、胚・配偶子凍結による遺伝子改変動物の維持・保存・個体復元や顕微操作による遺伝子改変動物の作製を行ない、再現性の高い実験動物を提供することで、生命科学やバイオメディカル領域へ貢献しています。 さらに効率的な遺伝子改変動物の作製・保存・個体復元を目的とした生殖工学技術の開発・改良に取り組んでいます。

【業務内容】

  1. マウス、ラットの卵子、精子、胚の凍結保存
  2. 微生物クリーニング(SPF化)
  3. 遺伝子改変動物の作製
  4. スピードコンジェニック動物の作製
  5. 繁殖不全動物の維持と生産、保存
  6. 胚/受精卵/未受精卵子の提供
  7. 生殖工学技術に関する技術開発・改良
  8. 各種生殖工学技術を用いた受託試験・共同研究
  9. 生殖工学技術に関する教育・研修

※代表的な研究論文

1.Eto T, Takahashi R, Kamisako T. Strain preservation of experimental animals: vitrification of two-cell stage embryos for multiple mouse strains. Cryobiology (2015) 70:150-5.
2.Katano, Takahashi., Ito, Kamisako., Mizusawa, Ka., Ogura, Suemizu., Kawakami, Ito. Predominant development of mature and functional human NK cells in a novel human IL-2-producing transgenic NOG mouse J Immunol 2015;194:3513-25.
3.Katano I, Ito R, Kamisako T, Eto T, Ogura T, Kawai K, Suemizu H, Takahashi T, Kawakami Y, Ito M. NOD-Rag2null IL-2Rγnull mice: an alternative to NOG mice for generation of humanized mice.Exp Anim. 2014;63(3):321-30.
4.Eto T, Takahashi R, Kamisako T, Hioki K, Sotomaru Y. A study on cryoprotectant solution suitable for vitrification of rat two-cell stage embryos. Cryobiology (2014) 21:147-151.
5.Hashimoto H, Eto T, Endo K, Itai G, Kamisako T, Suemizu H, Ito M.: Comparative study of doses of exogenous progesterone administration needed to delay parturition in Jcl:MCH(ICR) mice. Exp Anim. (2010) 59:521-524.

↑ ページトップへ