世界の医薬・医療技術向上と
人々の健康と福祉向上にむけて

実験動物の遺伝学的・微生物学的な品質管理は、精度の高い実験動物の生産や動物実験を行うためには不可欠であるとともに、微生物感染および遺伝的コンタミネーションによる動物淘汰を防止できることから、動物愛護にも貢献します。 当センターでは下記の業務を通して、わが国の実験動物の品質向上、動物愛護に貢献しています。お気軽にご相談ください。

【業務内容】

  1. モニタリングのための遺伝、微生物検査受託
  2. 各種細胞の微生物検査受託
  3. 自家検査用標準検査試薬の頒布
  4. 品質管理に関するコンサルテーション
  5. モニタリングに関する教育・研修
  6. 検査技術の開発・改良
  7. モニタリングに関する情報公開
  8. 各種微生物を用いた受託試験

なお、これらの業務はISO9001の認証を受け、ICLAS(国際実験動物学会議)実験動物品質ネットワークにも参加しています。さらに、わが国の実験動物関連団体により構成される『ICLASモニタリングセンター運営検討会議』の外部評価も受けています。

※代表的な研究論文

1.Hayashimoto N, Inoue T, Morita H, Yasuda M, Ueno M, Kawai K and Itoh T. Survey and Experimental Infection of Enteropathogenic Escherichia coli in Common Marmosets (Callithrix jacchus). PLoS One. 2016;11(8):e0160116.
2.Nozu R, Ueno M and Hayashimoto N. Composition of fecal microbiota of laboratory mice derived from Japanese commercial breeders using 16S rRNA gene clone libraries. J Vet Med Sci. 2016;78(6):1045-50.
3.Hayashimoto N, Morita H, Inoue T, Yasuda M, Yamamoto M and Itoh T. Draft Genome Sequence of Enteropathogenic Escherichia coli, Isolated from the Bloody Stool Sample of a Common Marmoset (Callithrix jacchus). Genome Announc. 2015;3(5).
4.Goto K, Kuwayama E, Nozu R, Ueno M and Hayashimoto N. Effect of hypochlorous acid solution on the eradication and prevention of Pseudomonas aeruginosa infection, serum biochemical variables, and cecum microbiota in rats. Exp Anim. 2015;64(2):191-7.
5.Hayashimoto N, Morita H, Ishida T, Uchida R, Tanaka M, Ozawa M, Yasuda M and Itoh T. Microbiological survey of mice (Mus musculus) purchased from commercial pet shops in Kanagawa and Tokyo, Japan. Exp Anim. 2015;64(2):155-60.

↑ ページトップへ