世界の医薬・医療技術向上と
人々の健康と福祉向上にむけて

試験事業部ではお客様からのご要望に応じて信頼性保証基準で動物実験を実施し、その結果を報告書として納品いたします。汎用系統のマウス・ラットをはじめ、弊所で開発した短期発がん性検出モデルであるrasH2マウス、重度免疫不全モデルであるNOGマウスあるいは小型霊長類であるコモンマーモセットについても豊富な背景データを有しており、MRIやバイオイメージングの併用など、お客様のご要望に応じた最適な試験系を提案させていただきます。

【業務内容】

  1. マウス、ラットの薬効試験・安全性試験の受託
  2. 担がんマウスモデルでの薬効スクリーニング試験の受託
    (保有ヒト腫瘍株も利用可)
  3. NOGマウスでのiPS細胞等造腫瘍性試験の受託
  4. コモンマーモセットの薬効試験の受託
    (脊髄損傷モデルでの治療試験、脳内投与試験等)
  5. 「ヒト化マウス*」の頒布及び各種試験の受託
  6. 独自に確立・維持したヒト腫瘍株(約230種)の頒布

*:NOGマウス等の免疫不全動物にヒト細胞が生着した動物

※代表的な研究論文

1.Urano K, Tamaoki N, Nomura T. Establishing a laboratory animal model from a transgenic animal: rasH2 mice as a model for carcinogenicity studies in regulatory science. Veterinary Pathology 49(1) 2012.
2.堤秀樹:rasH2マウスを用いた短期発がん性試験の現状と課題, 毒性質問箱第14号 (2012), p156-157, サイエンティスト社, 東京
3.S. Kusakawa, K. Machida, S. Yasuda, N. Takada, T. Kuroda, R. Sawada, H.Okura, H. Tsutsumi, S. Kawamata, and Y. Sato. Characterization of in vivo tumorigenicity tests using severe immunedeficient NOD/Shi-scid IL2Rgnull mice for detection of tumorigenic cellular impurities in human cell-processed therapeutic products. Regenerative Therapy, 1, 30-37, 2015.
4.Nishime C., Kawai K., Yamamoto T., Katano I, Monnai M., Goda N., Mizushima T., Suemizu H., Nakamura M., Murata M., and Suematsu M: Innate response to human cancer cells with or without IL-1 receptor common γ-chain (IL2Rγc) function in the NOD-background mice lacking adaptive immunity, J Immunol. 2015 Aug 15;195(4):1883-90.
5.Nishime C, Ohnishi Y, Suemizu H, Tamaoki N, Kusumi T, Sato F, Yamazaki H, Nakamura M, Ueyama Y, Kijima H.: In vivo chemotherapeutic profile of human gallbladder small cell carcinoma. Biomed Res. 2008 Oct;29(5):251-6.
6.Nishime C, Ohnishi Y, Suemizu H, Tamaoki N, Suematsu M, Oida Y, Yamazaki H, Nakamura M, Ueyama Y, Kijima H. Gallbladder small cell carcinoma Xenograft established by serial transplantation in nude mice. Anticancer Res. 2006 Jan-Feb;26(1A):79-83.

↑ ページトップへ