世界の医薬・医療技術向上と
人々の健康と福祉向上にむけて

2009年のトランスジェニックマーモセットの作出により、導入遺伝子が体内で安定して発現し、生殖細胞系列にも組み込まれ、その遺伝子が子孫にも伝達することを証明し、遺伝子改変による疾患モデルの作出が可能となりました。  現在は、この技術を応用して、アルツハイマーやパーキンソン病の原因となる遺伝子をウイルスベクター法によりマーモセットの受精卵に導入し、ヒトの疾患モデルとなるマーモセットの作出を行っています。
また、動物に侵襲を与えずにマーモセットの脳、生殖細胞などの発達を観察可能な遺伝子改変モデルの作出も行っています。

今後、この方法でヒト疾患モデル動物を作出するには、より少ない受精卵、動物数で効率良く、且つ、動物に負担をかけずヒト疾患モデル動物を作出する方法の確立が重要となります。我々は、非侵襲的な受精卵採卵、胚移植法の確立、卵子の体外成熟培養、体外受精、胚培養法の効率化を行うと共に、霊長類における様々な遺伝子改変法の確立を行い、難病の治療法開発へ役立てたいと考えています。また、組織特異的に蛍光タンパク質や発光遺伝子を発現する遺伝子改変マーモセットを作出し、様々なイメージング技術と融合させることにより、非侵襲的に生体内の状態を把握可能な技術の確立をしていきたいと考えています。

※代表的な研究論文

1.Tomioka I, Maeda T, Shimada H, Kawai K, Okada Y, Igarashi H, Oiwa R, Iwasaki T, Aoki M, Kimura T, Shiozawa S, Shinohara H, Suemizu H, Sasaki E, and Okano H.: Generating induced pluripotent stem cells from common marmoset (Callithrix jacchus) fetal liver cells using defined factors, including Lin28. Genes to Cells. 15:959-69, 2010
2.Sasaki E, Suemizu H, Shimada A, Hanazawa K, Oiwa R, Kamioka M, Tomioka I, Sotomaru Y, Hirakawa R, Eto T, Shiozawa S, Maeda T, Ito M, Ito R, Kito C, Yagihashi C, Kawai K, Miyoshi H, Tanioka Y, Tamaoki N, Habu S, Okano H, and Nomura T.: Generation of transgenic non-human primates with germline transmission. Nature. 459:523-7, 2009
3.Sasaki E, Hanazawa K, Kurita R, Akatsuka A, Yoshizaki T, Ishii H, Tanioka Y, Ohnishi Y, Suemizu H, Sugawara A, Tamaoki N, Izawa K, Nakazaki Y, Hamada H, Suemori H, Asano S, Nakatsuji N, Okano H, and Tani K.: Establishment of Novel Embryonic Stem Cell Lines Derived from the Common Marmoset (Callithrix jacchus). Stem Cells. 23:1304-13, 2005

↑ ページトップへ