世界の医薬・医療技術向上と
人々の健康と福祉向上にむけて

実中研は創薬研究・基礎医学研究のさらなる発展を担うマウスモデルを作製するべく、次世代NOGマウスを用いたヒト化マウスの研究開発をおこなっています。次世代NOGマウスは、標的となるヒト細胞の生着性を高めることを目的とし、超免疫不全NOGマウスにヒト遺伝子の導入やマウス遺伝子の欠損等を加えた、複合型遺伝子改変NOGマウスである。次世代NOGマウスへヒト細胞を移植することで、ヒトの免疫システムや肝臓の再構築能の改善が認められており、従来の実験動物モデルと比較してよりヒトへの外挿性の高い実験が可能となっています。

  • 次世代NOGマウス実用化プロジェクトのミッション
  • 創薬研究のために必要な背景データを提供
  • ヒト化免疫システム再構築マウスの安定生産のためのプロトコール作成
  • ヒト化免疫システム再構築マウスを用いた抗癌剤評価モデル系の開発
  • 国内外製薬企業と次世代NOGマウスの評価に関する共同研究開発
  • 海外ベンチャー企業と新規病態モデル評価システムを共同開発
「次世代型免疫不全マウス」の詳細はこちら

NOGマウス、次世代NOGマウスについてのご質問、ご相談などあれば気軽にご連絡ください。

山本 大地

次世代NOGマウス実用化プロジェクト
プロジェクトリーダー

Yamamoto Daichi

↑ ページトップへ