実験動物研究部

腫瘍研究室

腫瘍研究室では、ヌードマウスの誕生以来30年以上の歳月をかけて、ヒト腫瘍細胞(ゼノグラフト)株の樹立を行っており、既に500株以上のゼノグラフト株を樹立し、抗がん剤スクリーニング等の創薬研究の場に提供しています。最近ではヌードマウスからNOGマウスに宿主がかわり、より少ない数のガン細胞移植でゼノグラフトモデルが作製できるようになりました。さらに、ヌードマウスやSCIDマウスでは作製することが困難であったガン細胞の肝転移モデルでさえ、NOGマウスを用いることにより再現性がよいモデルとして容易に開発でき、薬効評価モデルへと発展しています。また、このモデルで発見された因子の発現が肝転移の予後と相関することを臨床検体の解析で明らかにしています。

腫瘍研究室画像
Xenpgraft model with BALB/cA-nu/nu mice
※代表的な研究論文
  1. Establishment of patient-derived cancer xenografts in immunodeficient NOG mice.
    Chijiwa T, Kawai K, Noguchi A, Sato H, Hayashi A, Cho H, Shiozawa M, Kishida T, Morinaga S, Yokose T, Katayama M, Takenaka N, Suemizu H, Yamada R, Nakamura Y, Ohtsu T, Takano Y, Imai K, Miyagi Y, Nakamura M.
    International Journal of Oncology. 2015 May 11:47, 61-70.
  2. Zinc finger protein 185 is a liver metastasis-associated factor in colon cancer patients.
    Furukawa D, Chijiwa T, Matsuyama M, Mukai M, Matsuo EI, Nishimura O, Kawai K, Suemizu H, Hiraoka N, Nakagohri T, Yasuda S, Nakamura M.
    Mol Clin Oncol. 2014 Sep;2(5):709-713. Epub 2014 May 29. PMID: 25054034 [PubMed]
  3. A versatile technique for the in vivo imaging of human tumor xenografts using near-infrared fluorochrome-conjugated macromolecule probes.
    Suemizu H, Kawai K, Higuchi Y, Hashimoto H, Ogura T, Itoh T, Sasaki E, Nakamura M.
    PLoS One. 2013 Dec 17; 8(12): e82708.
  4. A new in vivo model to analyze hepatic metastasis of the human colon cancer cell line HCT116 in NOD/Shi-scid/IL-2Rγ(null) (NOG) mice by (18)F-FDG PET/CT.
    Kawai K, Tamura K, Sakata I, Ishida J, Nagata M, Tsukada H, Suemizu H, Nakamura M, Abe Y, Chijiwa T.
    Oncol Rep. 2013 Feb;29(2):464-8.

PAGE TOP

Copyright © Central Institute for Experimental Animals