飼育技術開発室/無菌動物実験開発室|動物資源技術センター

微生物、遺伝、環境および栄養などの諸要因を統御した、均一性と再現性のある実験動物のノトバイオート(ビニールアイソレータ)飼育管理技術を基盤に、無菌動物(マウス)の系統維持や新たな系統開発に取り組み、研究資源や技術支援の提供を行っています。また、NOGマウスに代表される重度免疫不全マウスに対する飼育環境、実験環境の整備に関するコンサルテーションにも応じています。

【業務内容】

  1. 無菌およびノトバイオート動物の系統分与
  2. 無菌およびノトバイオート動物の作製
  3. 無菌およびノトバイオート動物からの材料採取
  4. 無菌およびノトバイオート動物を用いた受託試験・共同研究
  5. 無菌・重度免疫不全マウスの飼育管理に関する教育・研修
  6. 系統維持・小規模生産などの飼育管理に関する教育・研修
  7. 微生物クリーニング(無菌化・SPF化)に関する教育・研修
  8. 飼育環境、実験環境に関するコンサルテーション
※代表的な研究論文
  1. Study on AAV-mediated gene therapy for diabetes in humanized liver mouse to predict efficacy in humans.
    Hashimoto H, Mizushima T, Ogura T, Kagawa T, Tomiyama K, Takahashi R, Yagoto M, Kawai K, Chijiwa T, Nakamura M, Suemizu H.
    Biochem Biophys Res Commun. 2016 Sep 23;478(3):1254-60.
  2. Predominant development of mature and functional human NK cells in a novel human IL-2-producing transgenic NOG mouse.
    Katano I, Takahashi T, Ito R, Kamisako T, Mizusawa T, Ka Y, Ogura T, Suemizu H, Kawakami Y, Ito M.
    J Immunol. 2015 Apr 1;194(7):3513-25.
  3. NOD-Rag2null IL-2Rγnull mice: an alternative to NOG mice for generation of humanized mice.
    Katano I, Ito R, Kamisako T, Eto T, Ogura T, Kawai K, Suemizu H, Takahashi T, Kawakami Y, Ito M.
    Exp Anim. 2014;63(3):321-30.
  4. A versatile technique for the in vivo imaging of human tumor xenografts using near-infrared fluorochrome-conjugated macromolecule probes.
    Hiroshi S, Kenji K, Higuchi Y, Hashimoto H, Ogura T, Itoh T, Sasaki E, Nakamura M.
    PLoS One. 2013; 8(12): e82708.
  5. Establishment of a human allergy model using human IL-3/GM-CSF-transgenic NOG mice.
    Ito R, Takahashi T, Katano I, Kawai K, Kamisako T, Ogura T, Ida-Tanaka M, Suemizu H, Nunomura S, Ra C, Mori A, Aiso S, Ito M.
    J Immunol. 2013 Sep 15;191(6):2890-9.

PAGE TOP

Copyright © Central Institute for Experimental Animals